2019.9.2

澤井弁護士が「ダブル不倫の末に婚姻が破綻…慰謝料を請求できるか」について解説した記事がヤフーニュースで配信されました。

教えて弁護士センセイ!ダブル不倫の末の婚姻が破綻…そんな時、慰謝料って請求できるの?

(telling, 8/30(金) 17:10配信)

 

そのモヤモヤ、法律を味方にすれば少しだけ生きやすくできるかも!

日々の困りごとを弁護士の澤井康生先生が、ミレニアル女子目線で易しく解説します。

今回のテーマは、婚活サイトで騙されて交際してしまった時にいくら慰謝料を請求できるかについて。

最近の裁判例をもとに考えます。

 

A子はMM商事経理部主任、B子は法務部主任。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ダブル不倫で婚約破棄!慰謝料は請求できる?

B子:A子、お疲れ様。

 

A子:B子さん、お疲れ様、実はちょっと相談したいことがあって。

 

B子:その顔はまたまた恋愛トラブルね? 今度はどうしたの?

 

A子:今回も私じゃなくて私の同僚のG子ちゃんのことなのよ。

 

B子:あれ? G子ちゃんって結婚していたわよね?

 

A子:実はここだけの話なんだけどG子ちゃん、不倫していてね。相手の男性X君も既婚者なのよ。

 

B子:それってダブル不倫っていうことよね?

 

A子:そういうことなんだけど。G子ちゃんとX君がお互い本気になってしまって婚約までしちゃったのよ。

 

B子:お互いダブル不倫の状態と知っていて婚約までしちゃったのね。重婚的婚姻予約という状態ね。

 

A子:そうなのよ。でもその後、X君の考えが変わったみたいでX君の方から婚約を破棄してきたそうなのよ。

 

B子:うんうん、それで?

 

A子:それで、G子ちゃんとしては納得できないから、不当に婚約を破棄されたということで慰謝料を請求できないかって相談されたんだけど……。

 

B子:ちなみにG子ちゃんとその夫、それからX君とその妻とはそれぞれ離婚の目途は立っていたのかしら?

 

A子:いいえ、G子ちゃんも夫とは財産分与などの離婚の条件でもめていて、すぐには離婚できない状況だったらしいの。それからX君も妻との間に小さいお子さんがいて、妻が離婚を拒否しているのですぐには離婚できない状態だったらしいのよ。

 

B子:なるほど……。残念だけど、その状態だと婚約破棄による慰謝料請求は難しいわね。

 

A子:どうしてダメなのよ?

 

B子:実は以前、同じような事件があったの。裁判所の判決では、「重婚的婚姻予約が実現されるためには原告及び被告がいずれも従来の配偶者と離婚することが前提となる」という判断が示されたの。

 

A子:ふむふむ。となると、G子ちゃんとXちゃんのカップルは2人とも今の配偶者と離婚できる状態じゃなかったわけだから、この前提を満たしていなかったってこと?

 

B子:そういうこと。裁判所の判断はこう続くのよ。「(婚約したカップルの)どちらか一方でも離婚の実現可能性が低い場合には、例え婚約が破棄されたとしても、もともと実現可能性が低い約束が破棄されたにすぎないのであるから、損害賠償を認めることはできない」(東京地裁平成19年5月16日判決を簡略化しています)。

 

A子:つまり、たとえ婚約をしてもどちらか一方でも今の配偶者と離婚できない限りは新しい相手とは結婚できないわけだから、その婚約は「実現可能性が低い約束」で、法的には保護に値しない。だから、慰謝料ももらえないってことね?

 

B子:そのとおり。

 

A子:ありがとう、とても参考になったわ。G子ちゃんにも教えてあげるわ。

 

B子:ところで私来月からニューヨーク支店に栄転になったから、A子の相談に乗るのは今回で最後になっちゃうのよ。

 

A子:え~!そうなの……。じゃあ、またこっちに戻ってきたら相談に乗ってね。

 

B子:今まで教えてあげたことを参考にして自分でリサーチしてみなさいよ。A子ならできるわよ。

 

A子:ありがとう。じゃあしばらくお別れね^^

 

B子:ということでバイバイ~^^

 

 

(澤井康生)

  • お気軽にご相談ください 専門家が直接お伺い致します。
  • 大阪06-6357-1177 東京03-5544-8811 受付9:30~19:00(平日)
  • お問合せフォーム
  • アクセス案内
お気軽にお問い合わせください

大阪/TEL 06-6357-1177 東京/TEL 03-5544-8811 営業時間 9:00~18:00(平日)